So-net無料ブログ作成

脱毛器 [脱毛器]

脱毛器を使って自力で脱毛して失敗と聞くとまずイメージできるのが、炎症を起こすケース。実例もでているものだと色素沈着、埋没毛、やけどなど。

こういった炎症につながるものがない場合は、次に時間と長期目線によるコスト意識も必要かと。前者は脱毛範囲に影響され、コストについては消耗品のコスト高に影響されます。

脱毛範囲が広ければその分回数が少なくても済むので1回あたりの時間は少なくて済みます。その一例がフラッシュ脱毛ですね。消耗品は長期目線ではその都度買う必要がありますが、これが高いと長期目線でのコストが高くなってしまいます。




脱毛器を選ぶときは、脱毛方式を確認して炎症につながらないかを確認、場合によっては問い合わせてみるのも手かと。あとは、時間、コストの視点から判断していく感じがおすすめですね。

タグ:脱毛 脱毛器
nice!(0) 
共通テーマ:美容

永久脱毛 [永久脱毛]

厳密にいうと永久脱毛と言える施術方法は確立されていないそうです。医療レーザー脱毛が永久脱毛と言われることもありますが、定義上は条件を満たしていません。

永久脱毛の定義は施術後50年以上毛が生えてこないことです。医療レーザーについては施術してから50年という歴史というか実歴がないので、検証しようがないというのが実情と。

なので、永久か、そうでないかというところで議論するよりは、ご自身が求める期間毛が生えてこなければ成功と考えるのが健全な考え方かと。

nice!(0) 
共通テーマ:美容

脱毛サロン [脱毛サロン]

いざ選ぼうとすると結構な数のサロンがあるので正直なところ選定基準のようなものがないと選びようがないような気がします。なので、基準がないか探したらありました。

①通いやすさ
②費用
③脱毛部位

で、脱毛するといっても数回の施術で完了するわけではない=一定期間通う必要があるので、通いやすさは大事です。

費用に関しては、サロンによってはキャンペーン価格になっていることもありますが、それだけでなく、他部位の脱毛をした場合の費用も計算に入れておいた方が無難です。キャンペーン対象部位施術していて、他部位もしたくなった時の備えですね。

脱毛部位は費用にも絡むため、初回カウンセリング前に事前にどこを脱毛するのか決めておくとカウンセリングにて悩まず済むかと。ただ、ワキ脱毛が全脱毛部位の80%を占めるといわれていますね。

nice!(0) 
共通テーマ:美容
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。